ループス腎炎・尿と病気

                                 ループス腎炎/尿と病気
 home(尿と病気)/ループス腎炎            ループス腎炎/尿と病気

ループス腎炎

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ループス腎炎/尿と病気


     
§1  ループス腎炎とは/ループス腎炎/尿と病気


      
ループス腎炎は持続性の糸球体腎炎で、全身性エリテマトーデス(SLE)が原因で起こります。全身性エリ

      テマトーデスは膠原病の一種で、身体の組織と組織を繋ぐ繊維性の蛋白質の結合組織が自己免疫疾患な

      ど、何らかの原因で異常が生じ、関節、皮膚、筋肉、内蔵の病気が起こるものです。腎臓では、糸球体に自

      己抗体と抗原が結合した免疫複合体が付着して、炎症を起こし、
蛋白尿血尿が出る様になります。


     ネフローゼ症候群
原発性糸球体疾患 全身性疾患に伴なう糸球体疾患 遺伝性糸球体疾患
微小変化群 ループス腎炎 先天性ネフローゼ症候群
巣状糸球体硬化症 シェーンライン-ヘノッホ病性腎炎 アルポート症候群
膜性増殖性糸球体腎炎 その他 その他
膜性腎症
IgA腎症
その他




     
§2  ループス腎炎の症状/ループス腎炎/尿と病気


症状は人それぞれ、様々です。検査をしな

ければ罹患を特定できない人もおりますが、

血尿蛋白尿尿沈渣異常、息苦しさ、嘔

吐、むくみ(蛋白尿で大量に蛋白質が失わ

れ、 むくみが出て、ネフローゼ症候群にな

ることも多々ある。)、倦怠感などの症状が

でる人もおります。急激に腎機能が低下し

て、急性腎不全になる場合もあります。

性腎不全になり 透析療法を受けざるを得

なくなるケースもあります。


ループス腎炎は全身性エリテマトーデス(SLE)が原因で起こりますが、このSLEは患者さんの90%以上が女

性であり、若い人(10〜40歳代)に多い特徴もあります。 SLEの症状で最も特徴的なものに蝶形紅斑がありま

す。これは鼻を中心にして、左右の頬にまるで蝶が羽根を広げた様な形状の紅い斑が見られる様になります。S

LEはその他にも多くの症状がでます。







     
§3  ループス腎炎の検査/ループス腎炎/尿と病気


       ループス腎炎は全身性エリテマトーデス(SLE)が原因ですので、血液検査で抗核抗体検査で自己抗体を

       特定できれば、SLEの特定ができます。 その後、抗核抗体の一種抗DNA抗体の数値の確認をし、高値で

       あり、補体の数値が低値であればSLEの活動性の高さが証明できる事になります。(SLEの活動性が高い

       と、腎臓に障害が及ぶ場合が多い。)更に、尿検査で蛋白尿や血尿、尿沈渣などや、血液検査では、血清ク

       レアチニン、血清尿素窒素を測定し、腎機能を確認します。ネフローゼ症候群の症状の確認のため、血清蛋

       白、血清アルブミンも調べます。


     
* 関連検査値・基準値

     
尿検査尿蛋白尿潜血尿沈渣

     
血液検査血清クレアチニン血清尿素窒素血清蛋白、血清アルブミン





     
§4  ループス腎炎の治療/ループス腎炎/尿と病気


       既にSLEは特定されておりますので、ループス腎炎の治療は、SLEの治療優先になります。治療薬には副

       腎皮質ホルモンが用いられます。 これはSLEもループス腎炎にも、有効なためですが、ループス腎炎の治

       療にはより、 多量のステロイドが必要になります。
パルス療法を適応し、大量のステロイド薬を使用し、徐々

       に使用量を減らして行きます。 再発防止のためには長期に亘り、薬を使用して行きます。ステロイドだけでは

       効果が得られない場合、 あるいはネフローゼ症候群の症状が強い場合には免疫抑制薬も併用します。また、

       透析療法同様の、血漿を交換する療法を行い、 血液中から抗体を除去し、血液を体内に戻す治療法を適応

       する事もあります。






     
パルス療法;副腎皮質ホルモン+免疫抑制薬を点滴で3日間大量投与します。その後、経口薬に切り替え、一

     定期間服用します。 服用量は徐々に減らしますが、効果がある反面、副作用もあるため、医師の管理下で厳重

     に行う。



     
* SLEの症状;脳(中枢神経障害による痙攣、精神症状、脳卒中)、 顔(蝶形紅斑、目の網膜の異常)、心臓(心

     膜炎、 心筋炎、心不全、弁膜症)、 胸(胸膜炎、間質性肺炎)、 胃腸(腹膜炎、胃腸炎、食欲不振)、腎臓(腎炎、

     腎不全)、手脚(多発性関節炎、手掌紅斑、血管炎)、全身性(貧血、白血球・リンパ球・血小板の減少、リンパ節

     腫張)











 home(尿と病気)/ループス腎炎


◎ 尿の目視外観や匂い、排尿量、排尿感覚など五感に関連した項目
尿性状 排尿量 排尿困難関連疾患 残尿感関連疾患
血尿 多尿 尿路結石 前立腺肥大症
泡立ち尿 乏尿 尿道結石 前立腺炎
濁り尿(混濁尿) 無尿 膀胱結石 膀胱炎
匂い尿 尿閉 前立腺肥大症 神経因性膀胱
尿一般 神経因性膀胱 尿路感染症
前立腺癌 膀胱結石
性器ヘルペス
膀胱癌
尿道癌
排尿一般 誤判断症状(他疾患と間違い易い症状) その他
排尿困難 背部・側腹部痛 残尿感
排尿痛 下腹部痛 頻尿
一般排尿症状 発熱 尿もれ(尿失禁)
過活動膀胱
骨盤臓器脱
腹圧性尿失禁
切迫性尿失禁
溢流性尿失禁
◎ 尿に関連した尿周辺情報
尿関連検査 その他の関連疾患・情報
尿検査 腎機能検査 前立腺肥大症 尿路上皮癌
尿流動態検査 内視鏡検査 前立腺癌 膀胱腫瘍/膀胱癌
腎盂〜尿道検査 腎盂尿管癌
排尿機能検査 内分泌機能検査 尿道腫瘍
前立腺検査 副腎皮質腫瘍
一般画像検査 尿路結核 腎癌(腎臓癌)
その他検査 血液検査 尿路感染症
腎動静脈瘻
腎梗塞
その他の尿関連情報 腎盂腎炎 腎静脈血栓症
尿のメモ帳 透析 急性糸球体腎炎 腎嚢胞
経尿道的手術 慢性糸球体腎炎 腎動脈瘤
化学療法 腹腔鏡下手術 IgA腎症 腎硬化症
放射線療法 腎臓移植 急速進行性糸球体腎炎 腎不全
尿路変更 ループス腎炎 ネフローゼ症候群
尿細管・間質性腎炎 微小変化型ネフローゼ
膜性増殖性糸球体腎炎 痛風腎
半月体形成性腎炎 多発性嚢胞腎
溶連菌感染後急性糸球体腎炎
糖尿病
糖尿病性腎症 クラミジア感染症
尿道炎非クラミジア非淋菌性
慢性腎臓病CKD 間質性膀胱炎



(C)allright reserved -尿と病気- 免責事項